心筋梗塞の予防には 生活習慣の改善とアミノ酸「ALA」 歯周病の改善

心筋梗塞は、心臓にある動脈の「冠動脈」に異常が起こる病気です。血流が止まり、心臓の細胞に血液が行き渡らなくなると、心筋細胞が壊死し、動きを止めてしまいます。

心筋梗塞などの生活習慣病の原因は血管の老化が原因の一つで、食生活や運動不足などが関係していると言われています。そこで、新しい予防の選択肢として期待されているものが、「ALA(5‐アミノレブリン酸)」と呼ばれるアミノ酸です。このアミノ酸には代謝を活発にする働きがあることが分かっています。代謝が活発になれば血行が良くなり、体温が上昇します。体温が上昇することによって免疫力も上がります。ALAを含む食品の代表的なものとして、ワインや酢などの発酵食品です。

歯周病は細菌感染症ですが、結果的に組織の血流が悪くなり歯周組織が破壊されていく病気です。このアミノ酸が歯周病治療にも役立つかもしれませんね(*^_^*)

ALAについての詳しい情報は天然アミノ酸ALAの効果の研究・伝達を目的とした「ALAplus研究所」のホームページをご覧ください。

名古屋市昭和区御器所の歯周病治療・予防歯科治療専門サイトです。

Be Sociable, Share!

コメントは停止中です。

このページの先頭へ