SPT(サポーティブぺリオドンタルセラピー)

SPTとは歯周組織検査の結果、病状が安定と判定された場合に、歯周組織の維持・安定のために歯科医師・歯科衛生士によるプラークコントロール、SRP、咬合調整などの治療を 主体とした定期的な治療のことです。


歯周治療が成功するかどうかは、治療後のSPTをいかに定期的に、長く続けるかにかかっています。

その科学的根拠を示した論文です。

Axelsson P, Lindhe J : The significance of maintenance care in the treatment of periodontal disease. J Clin Periodontol 8 : 281-294,1981


SPTの期間は、歯周病の程度、歯肉の状態、ブラッシングの状態によって様々ですが、最初は1カ月毎にお越しいただき、病状が安定しましたら3か月毎の来院をお願いいたしております。病状が安定し、歯肉が回復しましたらSPTは終了し、その後はメンテナンス(健康管理)となります。

名古屋市昭和区ごきそ歯科の歯周病治療専門サイトです

Be Sociable, Share!

このページの先頭へ