PMTCとは?

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とはセルフケアー(自宅でのブラッシングなど)だけでは十分にプラークコントロール(歯垢の除去)出来ない部分をサポートする治療です。PMTCは専門的なトレーニングを受けた歯科医師、歯科衛生士が歯に付着した歯石、プラーク、その他の沈着物を専門の道具で取り除き、その後に歯石の再付着の防止、歯の質の強化のためにフッ素を塗る治療です。スウェーデンを始めとする北欧諸国での一般的な予防歯科プログラムです。

では定期的にお口のお掃除をして、PMTCを行うとどのような効果があるのでしょうか?

①定期的にお掃除をすることによって、お口の健康に対するモチベーション(予防やケアが大切であるということ)の維持・向上につながります(継続が習慣を呼び、習慣が継続を呼ぶ)。

②歯周病の改善、予防

お口のお掃除、PMTCを行うことによって歯周病を引き起こしている細菌を減らすことができ、PMTCにより歯の表面がつるつるになるので歯石が再度付着しにくくなり、歯周病の改善、予防になります。

③カリエス(虫歯)の予防

カリエスの原因もプラーク内の細菌です。お口のお掃除、PMTCでカリエスを発症させる細菌を減らし、発症、進行をおさえることができます。

④歯の質の強化

フッ素塗布により歯の再石灰化(歯を強くする)を促進できます。

⑤審美性の向上

歯の表面の歯石、沈着物、着色を除去することにより、歯本来の色と光沢のある歯の表面を回復できます。

今までの歯科治療の一般的な考えでは虫歯、歯周病になったら、治療すれば良いと思われている方がほとんどだと思います。

私は日ごろの診療の中で患者さんに「歯科の病気の特徴は一方通行である事が多い」とよくお話しします。病気(歯周病、カリエス)になってしまった歯は極初期の症状でない限り自然には治癒しないために、時には削らないと、時には抜かないとなりません。しかも、病気になってしまった歯や歯周組織を治すために歯科医院を受診し、最新の医療を熟練の歯科医が行ったとしても完全に元の状態に戻すことは出来ません(詰め物や銀歯、時には入れ歯でしか歯の形を戻す事は出来ません)。しかも、一度治療が介入した歯は再度細菌感染する可能性がとても高いのです。であるならば病気にならないために普段からしっかりとした予防を行うことが一番歯を長持ちさせることができる方法なのではないでしょうか。 しかも、患者さんにとって一番痛くない、体への負担の少ない方法なのではないでしょうか。

ごきそ歯科医院ではこのような考えで予防を中心とした診療を展開しようと考えました。

名古屋市昭和区御器所の歯周病治療・予防歯科治療専門サイトです。

Be Sociable, Share!

コメントは停止中です。

このページの先頭へ