歯周病治療と矯正治療

治療の多様化が進む中で、歯周病治療の一環で矯正治療を行う機会が増えてきています。ごきそ歯科では矯正治療が必要となる患者さんを3つのカテゴリーで分けています。


①3歳~10歳くらいの、乳歯列期から永久歯列期に移行する混合歯列期に行う矯正


②永久歯が全て生えてきてから行う成人矯正


③歯周病などで歯並びが大きく変わってしまい、噛み合わせが崩れてしまった方のかみ合わせを再構築し、歯並びを良くすることでブラッシングなどの口腔ケアを行いやすくする矯正。


この中で、今注目されてきているのが③の交合の再構築をし、見た目を改善し、口腔ケアをしやすくする矯正です。高齢化社会を迎えている今、いかに楽しい老後を過ごすかということがとても重要視されています。その中でも特に重要視されているのが食事です。


いつまでも美味しいものを自分の歯で食べて楽しみたいと思いますよね(^v^)。


女性の方は大きく笑った時に綺麗な口元を見せたいですよね(*^_^*)!


自分の歯を残すための歯周病治療をし、その後のメンテナンス、矯正治療で綺麗な歯並びで歯を残すこともこれからはQOL(生活の質)向上の選択肢の一つです(*^。^*)!!!


ごきそ歯科医院では、インプラントも矯正も全て同じ歯科医師が行います。もちろん、治療終了後のメンテナンスも責任を持って行います。また、矯正治療は専門医と共に行いますので、より高度な治療をご提供できます。相談は無料ですのでお気軽にメールを送ってください(*^_^*)

Be Sociable, Share!

コメントは停止中です。

このページの先頭へ