歯周病は薬で治る??歯周内科治療

歯周病はお口の中に存在している歯周病原菌に感染する事によって発症するある種の感染症です。一般的に感染症対策には抗生物質などのお薬を内服することによって治療する事が一般的ですが、歯周病治療の場合は薬による治療を第一選択とはせずに、原因物質(歯石、プラーク)の除去を第一選択とします。

なぜ、歯周病治療ではお薬を第一選択とする歯周内科的治療としないのでしょうか?

それは、歯周病原菌は特殊な環境に存在するために抗生物質が効きにくいからなのです。デンタルプラーク(歯垢)は近年バイオフィルムとも呼ばれています。このバイオフィルムはマトリックス(基質)に包まれた細菌の集団で、マトリックスが細菌を守る働きをしているのです。このバリアがあるために抗生剤が効きにくいのです。近年はお薬を使った歯周治療もクローズアップされていますが、現段階では補助的な治療法だと考えていますので、仮にお薬を使う場合は、お薬と原因除去のクリーニングの併用をお勧めしています。

現在の歯周治療の目的は、歯周病の進行を抑え、再発を予防する事です。そのためにも、根本的に歯周病の原因にアプローチする治療が必要になってきます。

名古屋市昭和区御器所の歯周病治療・予防歯科治療専門サイトです。

Be Sociable, Share!

コメントは停止中です。

このページの先頭へ