歯周病とは?

歯周病とはどのような病気なのでしょうか?

近年、口腔衛生のテーマで注目されている歯周病ですが、日本人の成人の80%は歯周病に罹患していると言われています。(厚生労働省・・・平成11年歯科疾患実態調査  調査報告書)

歯周病は歯に付着した歯周病原菌(バイオフィルム)が引き起こす感染症です。歯そのものの病気ではなく、歯を支えている骨、歯肉などの、いわゆる歯周組織が慢性的に破壊されていく病気です。最大の特徴は持続的に痛みを伴わずに病気が進行していくと言う事です(サイレントディジーズ)。そのために、歯周病がある程度進行した状態(歯ぐきが腫れた、歯が揺れる、口臭がする、膿が出るなど)で異常に気付き、来院されるケースが多く、時に手遅れ(抜歯)になってしまう事もあります。

名古屋市昭和区御器所の歯周病治療・予防歯科治療専門サイトです。

Be Sociable, Share!

コメントは停止中です。

このページの先頭へ