重い歯周病患者ほどメタボ傾向(歯周病と生活習慣病)

滋賀県長浜市民約6000人に対する調査で、重い歯周病にり患している人ほどメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になる確率が高いことが分かったそうです(汗)。。。



注目すべき点は歯科関係者が研究しているのではなく、医科の関係者が研究しているということです。何が言いたいかというと、実際に糖尿病などの生活習慣病の治療をしている内科医をはじめとする、医科の関係者が歯周病治療の重要性を認識し、歯周病の治療が生活習慣病の予防、治療にとても有効性があるということを認めているということです。



成人の約8割がかかる「口の生活習慣病」と言われる歯周病とメタボとの関係を一般市民を対象にした大規模調査で明らかにしたのは全国で初めてです。17日から広島市で開かれる日本口腔(こうくう)科学会で発表されます。

ごきそ歯科医院のメインホームページでは、「歯周病と全身疾患」、「子供の肥満を考える」といった、生活習慣病とお口の健康についての記事も多数アップしております。ぜひご覧ください。


名古屋市昭和区ごきそ歯科の歯周病治療専門サイト。

Be Sociable, Share!

コメントは停止中です。

このページの先頭へ