第16回歯周病健康コラム 歯周病に関するこんな質問をいただきました。

ごきそ歯科医院の健康コラム「病気にならない口腔環境を作る」。今回は16回目です。よろしくお願いします(^v^)

他の医院で『初期の歯周病なので治療した方がいい』と言われたが、治療が必要かどうかセカンドオピニオンを聞きたいと来院されました。

歯周病の治療はその病気のステージ(病気の進行度)によって治療内容が大きく変わってきます。

軽度の方は、積極的な歯周病治療と言うよりも、今後歯周病が悪化しないように歯周病の特徴を理解していただき、ブラッシング指導や軽いお口のお掃除などで予防をしていただくようにお話しています。一方で、中~重度の歯周病に罹患している方、または、今後十分に歯周病が進行するであろうリスクを有している方は、積極的に歯周病の治療をお勧めしております。

日本人の約80%が歯周病に罹患していると言われていますが、すべての方が積極的な治療が必要という訳ではありません。しかし、長い目でみた際に、誰しもが歯周病が進行するリスクはあるので、歯周病の基本的な知識、正しい治療法、予防法を理解する必要はあると思います。

名古屋市や昭和区では歯周病をはじめとする生活習慣病の健診を行っていますので、こちらもご利用されてみてはいかがでしょうか?

名古屋市昭和区御器所の歯周病治療・予防歯科治療専門サイトです。

Be Sociable, Share!

コメントは停止中です。

このページの先頭へ